マイノリティ・リポート

3.6

制作年:2002年 制作国:アメリカ 上映時間:145分
舞台は2954年のワシントン。プリコグと呼ばれる三人の予知能力者によって構成された殺人予知システムによって、殺人発生率は0%となっている世界が舞台。
主人公のジョン・アンダートンは犯罪予防局の刑事。普段は殺人予知システムを利用して殺人現場を推理し、未然に防ぐという任務に就いていた。

ジョンは以前に幼い息子を誘拐されて亡くしており、それが心の傷となって麻薬に溺れ、プライベートでは廃人のように暮らしていた。ある日、司法省調査局のダニー・ウィットワーがシステムの安全性の調査のためにやってくる。彼はこのシステムに懐疑的なのだ。

そんな中、アガサが突然、ある事件の映像をジョンに見せる。それは一人の女性が溺死させられた事件だった。ジョンはその事件を調べるが、アガサのデータは抹消されており残っていなかった。

いつものように殺人予告を調査していると、プリコグから流れた余地映像には、リオ・クロウという男を殺害するジョンの姿が。慌てたジョンは、すぐに局から逃亡したのだった・・・

タイトルとURLをコピーしました